社団法人 九大仏青クリニック

.

九州大学仏教青年会の歴史

九大仏青会の歴史

1907年、明治40年5月九大仏青クリニックの母体である、九州大学仏教青年会は今からおよそ100年前に産声をあげました。当時の会は医学部の教官や学生・看護婦で結成され、病院にかかることができない人や無医村地区を巡回し、その方針は社会福祉奉仕活動を通じて仏教の精神を学ぶものとされていました。


九大仏青クリニックの設立

青年会の活動の幅は地方の巡回診療はもとより、災害慰問救護や法律扶助部による無料法律相談にもおよび、時代のニーズに対応しながら発展してきました。戦前、戦後と社会奉仕活動を続けていた本会ですが、時代とともに物質的に豊かになり、昭和61年に「社団法人九大仏青クリニック」を発足し、良質の医療を提供する診療所であると同時に地域社会に開かれ、奉仕精神に貫かれた病院経営の展開を今も目指しています。


九大仏青クリニックの設立
九大仏青クリニックの設立

現在のクリニック・学生寮

九大の仏教青年会の学生は、地域の子どもたちと夏休み宿題大作戦やキャンプなどを通じ、青少年の健全な育成に励んでいます。また、街頭の募金活動やボランティア活動を通じ、社会に貢献しています。100年近くの歴史は時代が変わってもその精神だけは変わりません。
学生寮は食費や家賃が今時とは思えないほど安く、ご飯も寮母さんの手作りでアットホームです。しかし、入寮は人気が高く面接もあり狭き門となっています。男女共入寮可能なので、充実した学生生活を送りたい方は、九州大学仏教青年会の公式ホームページをご覧下さい。

学生寮は糸島へ移転新築いたしました。これまでお世話になりました地域の方々には深く感謝いたします。
現在のクリニック・学生寮

Copyright (C) 2007 社団法人 九大仏青クリニック. All Rights Reserved.